乳酸菌とビフィズス菌の関係

乳酸菌とビフィズス菌は体に良いという事は知っていても、この2つの菌の関係についてはあまり知らないという方は多いのではないでしょうか?
この2つの菌は善玉菌とよばれる腸内細菌の事で、人間の健康維持に欠かせない菌なのです。
ではこの乳酸菌とビフィズス菌のそれぞれの特徴や関係性について調べてみました。

乳酸菌とビフィズス菌それぞれの菌の特徴とは?

乳酸菌とビフィズス菌のそれぞれの特徴をみてみましょう。

乳酸菌とは

オリゴ糖やブドウ糖などを利用し、乳酸などの酸を作る細菌の事です。
すっぱいと感じる食品にはこの乳酸の味によるものが多いです。
乳酸菌の形状は、球菌と桿菌(かんきん)があり、自然界で生息し動物や人間の腸内だけでなく、発酵食品や乳製品などにも含まれます。
乳酸が入っている食品として、ヨーグルト・チーズ・味噌・納豆・醤油などです。
乳酸菌は体内に入ると、腸内に生息する乳酸菌やビフィズス菌など、腸内での有効な働きをする菌を増やしてくれる善玉菌の代表格です。

ビフィズス菌とは

ビフィズス菌は乳酸と酢酸を作る細菌の事です。
ビフィズス菌も善玉菌の一種で、ビフィズス菌は腸内にすむ善玉菌の約99.9%を占めます。
乳酸菌は乳酸のみ作り出すのに対し、ビフィズス菌は乳酸以外に殺菌力の強い酢酸やビタミンB群、葉酸なども作る事ができます。
ビフィズス菌は主に人間や動物の腸内で生息し、酸素があると生息できないという「編性嫌気性」という特徴があります。
したかって、乳酸菌の様に幅広く生息する事ができません。

乳酸菌とビフィズス菌の関係性とは?

乳酸菌とビフィズス菌はそれぞれ別物です。
これらは善玉菌の一種として腸内環境を整えるために活躍し、善玉菌は腸内で生息している人間にとって健康維持に役立つ有効な腸内細菌です。
乳酸菌とビフィズス菌の関係は別物であっても同じ善玉菌なのです。

腸内には乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌の他に、体の中で有害物質を作る悪玉菌という2つの腸内細菌が生息しており、そしてその両方どちらか有利な方に味方する日和菌という腸内細菌がいます。
この割合は善玉菌2、悪玉菌1、日和菌7の割合が理想的なバランスで、このバランスの事を腸内フローラといいます。
日和菌は有利な立場の菌に味方するので、常に体に良い働きをする善玉菌を増やしておく事が大切となるのです。
因みに悪玉菌が増えると、悪玉菌から発生する有害物質が原因で、おならが臭くなったり、便秘や老化促進など、様々な生活習慣病の原因になってしまいます。

善玉菌が増え環境にするのが健康維持のカギ!

いかがでしたか?
乳酸菌とビフィズス菌はそれぞ生息場所や、特徴が違いますが、人間の健康維持に欠かせない善玉菌だという事が分かりました。
善玉菌を増やして、悪玉菌を減らす生活を心がける事が健康維持に必要であり、乳酸菌とビフィズス菌はまさに人間にとって必要な腸内細菌なのです。
まずは摂取しやすい乳酸菌サプリメントから始めてみるのはいかがでしょうか。