乳酸菌ラブレ菌の特徴

腸内まで生きて届く事ができる植物性乳酸菌のラブレという乳酸菌をご存知でしょうか?このラブレ菌は日本食の味噌や漬け物などに含まれている植物性乳酸菌の1つです。
ではこの植物性乳酸菌ラブレについて詳しく調べてみました。

乳酸菌には2種類の乳酸菌がある!

乳酸菌ラブレは植物性の乳酸菌の1つですが、実は乳酸菌には植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の2種類の乳酸菌が存在します。
それぞれどのような乳酸菌かをみてみましょう。

植物性乳酸菌

分かりやすくいいますと植物性乳酸菌は植物を栄養源とする乳酸菌の事で、日本では古くから親しまれており、味噌や醤油、漬け物など発酵食品に多く含まれています。

動物性乳酸菌

動物性乳酸菌はヨーグルトやチーズなど牛乳を原料とした発酵食品の事です。

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の特徴とは?

乳酸菌の植物性乳酸菌と動物性乳酸菌のそれぞれの特徴として、植物性乳酸菌の特徴は、ブドウ糖・果糖・ショ糖など多糖類を分解し、乳酸を作っており、過酷な環境でも生き抜く力を持っています。
過酷な環境で生き抜ける植物性乳酸菌は生きたまま腸まで届き、死んでしまう菌に比べて便秘改善などの整腸作用に効果が高い菌です。
動物性乳酸菌の特徴は、乳糖のみ分解して乳酸を作ります。
過酷な環境を嫌がり、胃酸や胆汁に弱く、腸に届くまでに死んでしまい、死菌として善玉菌のエサになる事が多いです。

植物性乳酸菌ラブレの魅力とは?

上記でも述べた様に、植物性乳酸菌は腸内で生きたまま届く乳酸菌です。
ラブレも同じく生きたまま腸まで届き、腸内に溜まる事で、たくさんの乳酸を作り出します。
そして腸内に生息している悪玉菌を減らす事で、善玉菌を増やし、便秘改善の効果やウィルスなどに強い免疫を上げる効果があります。
又年齢と共に悩む更年期障害の改善にも効果があるので、更年期障害などからくる、肩こりや頭痛などといったの症状を緩和させてくれます。

植物性乳酸菌ラブレについてまとめてみましたが、いかがでしたか?
過酷な環境にも耐え、生きたまま腸まで届く力を生かし、腸内で様々な健康維持に役立つ乳酸菌だという事がわかりました。
便秘や更年期障害からくる症状でお悩みの方は、是非この植物性乳酸菌ラブレを毎日の食生活に取り入れてみませんか?