乳酸菌フェカリス菌って?

フェカリス菌という乳酸菌をご存知でしょうか?この菌は乳酸菌の種類のひとつで、人間にとって健康を維持する上で役立ってくれる菌です。
ではこのあまり聞き慣れないフェカリス菌についての効果や、特徴など詳しくまとめてみました。

乳酸菌であるフェカリス菌の特徴とは?

乳酸菌であるフェカリス菌の正式名称はエンテコロッカスフェカリスという名称で、人間の体内から発見された乳酸菌の一種です。
このフェカリス菌の特徴として、球菌といって丸みを帯びた菌の形をしています。
この形状を活かしたフェカリス菌は、1度に沢山摂取する事ができる乳酸菌で、ビフィズス菌などと比べて、非常に小さな菌なので体の隅々まで行き届く事ができます。
そしてこのフェカリス菌の最大の特徴は殺菌処理して死んでしまう菌(死菌)にする事で効果があがる事が特徴としてあります。
生きた乳酸菌の事をプロバイオティクスというのに対し、死菌はバイオジェニックス・加熱処理菌といいます。
フェカリス菌をあえて加熱処理し、死菌とする事で、胃酸などで分解される事なく、腸まで届き、免疫力を上げてくれるのです。

フェカリス菌の3つの効果とは?

ではフェカリス菌の効果とはどのような効果があるのか3つの効果をみてみましょう。

  1. 免疫力の向上
  2. フェカリス菌は免疫力を向上させる効果があります。
    フェカリス菌は腸内で免疫細胞にくっつき、刺激を与え、免疫細胞が動きやすい状態にします。
    フェカリス菌は球菌で他の乳酸菌に比べて5分の1程の大きさなので、他の乳酸菌よりも体内に摂取する事ができるのです。
    特にフェカリス菌によって活性化するのが、貪食細胞というマクロファージです。
    このマクロファージは外敵を食べてくれるなどの大切な免疫細胞の1つで、フェカリス菌はこの免疫細胞を活性化する働きをするので、免疫力向上に効果があるのです。

  3. アレルギーを緩和する効果
  4. フェカリス菌を摂取する事で免疫が上がると、花粉症などといったアレルギーにも効果があります。
    乳酸菌はアレルギー症状の原因である、lgEを作る際必要なヘルパーTリンパ球2型という白血球を抑えるため、アレルギーにも効果があるのです。

  5. 便秘改善効果
フェカリス菌は死菌として腸まで届くと、腸内生息する善玉菌のエサとなり善玉菌を増やしてくれます。
善玉菌が増えると、腸内の悪玉菌が減り、腸内環境が良くなるので、便秘が改善されるのです。

フェカリス菌は他の乳酸菌に比べて小さいという特徴があるので上記のような3つの改善効果が得られるのです。

フェカリス菌を摂取し免疫力を向上させましょう!

いかがでしたか?
フェカリス菌はその特徴を生かす事で、他の乳酸菌よりも免疫力を上げる効果がある事がわかりました。
その結果、花粉症やアレルギーなどの悩みから便秘改善まで、様々な悩みを解決してくれる乳酸菌として注目されています。
フェカリス菌を摂り、健康的で快適な毎日を目指してみませんか? また、知っておきたい植物性と動物性の乳酸菌の違いも合わせてご覧ください。