乳酸菌を摂るベストタイミング

乳酸菌は腸内環境を整備し、便秘改善やダイエットなどにも効果があり、腸内環境が良くなる事で体内も免疫力が上がるなどの健康面において、大変役立つ菌です。
ではこの乳酸菌を毎日の生活に摂取する中でいつ摂るのが最も効果的なのでしょうか?今回は乳酸菌を摂るベストタイミングについてみていきましょう。

乳酸菌を摂るベストタイミングはいつ?

では乳酸菌を摂る上でいつ、どのタイミングで摂るのが良いのでしょうか?実は乳酸菌を摂るのは食後が一番のベストタイミングです。
なぜなら乳酸菌は胃酸や胆汁に弱く、死滅してしまいます。
もちろん、死滅した乳酸菌も善玉菌のエサになり、腸内環境を良くしてくれるのですが、出来る事なら生きたまま腸内まで届けたいものです。
食前や空腹の時などは胃酸が濃く、その状態で乳酸菌を摂取してしまうと、せっかく摂取しても乳酸菌は胃酸や胆汁で死滅してしまいます。
食後であれば、胃酸は薄まっている状態にあるので、その段階で乳酸菌を摂取すると、生きたまま腸まで届く事が出来るのです。

乳酸菌は朝と夜どちらで摂ると効果的?

乳酸菌は朝と夜どちらで摂取すると効果的なのでしょうか?実は乳酸菌は夜寝る前に摂ると効果的です。
人間は寝ている間も腸は活発に動いています。
その状態が乳酸菌が腸内で働きやすい環境なので、夕食後2時間後を目安に摂取すると、乳酸菌の効果が出やすい時間帯になります。
そして乳酸菌は毎日同じ時間帯に摂取する事が1番重要です。
毎日摂取する事で、乳酸菌は腸内に留まり、善玉菌を増やし、腸内環境を良くするからです。

乳酸菌のベストタイミングは夜摂取する事!

いかがでしたか?
乳酸菌を毎日摂取するならより効果が期待できる時間帯に摂取したいものです。
乳酸菌は胃酸や胆汁に弱い特徴がありますから、食後の摂取そして夜摂取する事が、より効果が得られる時間帯です。
そして、何よりも毎日同じ時間に摂取する事が、乳酸菌を摂取する上で、最も重要な事なのです。
乳酸菌を毎日摂取し、美容と健康に役立ててみませんか?