プロテクト乳酸菌の特徴とは?

乳酸菌は健康を維持する上で大変役立つ腸内細菌です。
この乳酸菌の中で「プロテクト乳酸菌」という乳酸菌をご存知でしょうか?
この「プロテクト乳酸菌」は数々の種類のある乳酸菌の中でも特に強力な乳酸菌です。
ではどんな特徴を持った乳酸菌なのかをまとめてみました。

プロテクト乳酸菌とは?

プロテクト乳酸菌は、漬け物から発見された植物由来の乳酸菌です。
サントリーグループが長年の研究を重ねて、柴漬けから発見された乳酸菌、それがプロテクト乳酸菌です。

プロテクト乳酸菌の特徴として、免疫力が高い事が挙げられます。
プロテクト乳酸菌の特徴の1つに、細胞壁の厚みがあります。
細胞壁というのは細菌類の細胞に見られる構造の事で、細胞膜の外側にあります。
この細胞壁が厚いとどのような特徴があるかというと、細胞壁の厚みが厚い程、免疫力を高める力が強いのです。
すなわち、細胞壁そのものが免疫活性成分なのです。
プロテクト乳酸菌はこの免疫活性成分でもある細胞壁で守られているという特徴があるのです。

プロテクト乳酸菌を摂取するとどのような効果があるのでしょうか?
プロテクト乳酸菌の強みは先ほども述べました様に、免疫力の向上です。
ですからインフルエンザやアレルギー、免疫力を低下させるとされている、ストレスに対して最も効果を発揮します。
又、研究の結果、インフルエンザワクチンの効果をプロテクト乳酸菌は増強してくれる事もわかっています。

プロテクト乳酸菌はマウスでの研究結果において、インフルエンザワクチンを接種する前に、プロテクト乳酸菌を摂取すると、インフルエンザワクチンの効果が増強された事が分かりました。
この結果から、インフルエンザワクチンを接種する前にプロテクト乳酸菌を摂取する方が、よりインフルエンザワクチンの効果を上げる事ができるのです。

免疫力が向上するとストレスに負けない体になる!

プロテクト乳酸菌は免疫力を向上させる乳酸菌ですが、免疫力が上がると、インフルエンザや風邪だけでなく、現代人に多いストレスにも効果があります。
ストレスをためない体にする事で、いつもアクティブに行動する事ができます。
免疫力を高める事は、インフルエンザや風邪に打ち勝つだけでなく、ストレスにも効果があるのです。

いかがでしたか?
プロテクト乳酸菌は柴漬けから発見された乳酸菌で、厚い細胞壁に守られている優れた免疫力を持っている乳酸菌です。
このプロテクト乳酸菌を摂取し、体内の免疫力を向上させ、インフルエンザや風邪にになりにくく、ストレスにも負けない体質を目指しましょう。
そしてインフルエンザワクチンを接種する以前からプロテクト乳酸菌を摂取する事を心がけてみましょう。